ルイボスティーで不妊改善

不妊を改善するルイボスティー×妊娠力を高めるハーブの力!人気ルイボス茶の効果・効能と飲み方

ルイボスの老化防止パワー

妊娠したい女性の間で注目度上昇中!のルイボスティー

いつものコーヒーやお茶をルイボスティーに変えるだけと言うお手軽さで妊娠しやすい体が作れるから、「お茶が変わるだけでティータイムの習慣が変わるワケでもないし、ルイボスティー、はじめてみようかな…」という人が増えています!

妊娠を助けるだけじゃなくて美しさをキープしたり、健康な体を作ったりすることができるなんて聞くけど、こんな女性のためにあるような不思議な力をいくつも持つルイボスって一体なに?

ルイボスティーが美容維持や妊娠を助ける効果を持つのは、老化防止パワーが優れているからです。

老化防止と言えばすぐピンと来る方も多いと思いますが、それは老化の直接的な原因である活性酸素を増やさないようにしたり、除去したりする力に優れているということなのです。

女性にとって、お肌の老化が気になるのは当然のことだと思いますが、妊娠を望んでいるのであれば卵子の老化を防ぐ力があると言われるルイボスティーは特に魅力的ですよね。

卵子は精子のように日々新しく作られる細胞ではないため、どうしても老化の憂き目に晒されます。これは歳を経るごとに妊娠の確率が下がってしまう一要因でもあります。

ルイボスに豊富に含まれるポリフェノールやSOD様酵素と呼ばれる酵素が活性酸素のよる害を極端に減らして老化を防いでくれるから、妊娠の助けにもなるし、もちろん美容維持にも最適というワケです。

充実のハーブで妊娠力アップ

妊娠したい!と考えていらっしゃる方にはビューティー&ヘルスリサーチ社の「妊活ルイボスティー」がおすすめです。

ルイボスティーにはそもそも、興奮剤として働いてしまうカフェインが含まれていないとか、効率よく摂取するのが難しいミネラルが豊富に含まれているという特徴もあって、妊娠を望む方や妊娠中の方には特に好んで利用されています。

ビューティー&ヘルスリサーチ社の妊活ティーは名前の通り妊活用に作られたルイボスティーで、ルイボスティーの長所を活かしつつ、妊娠の助けとなるハーブを配合することで更に妊娠しやすい体を作ろうとするものです。

具体的にどんなものが配合されているのかというと、ラズベリーリーフやネトルリーフのように子宮を強くする効果があるとされるハーブ。

チェストツリー(チェストベリー)やタンポポ、レディースマントルと言った、ホルモンバランスを整え、月経障害や排卵障害に効き目があるとされるハーブ。

そしてペパーミントリーフはリラックス効果と性的な興奮を高める効果があると言われています。

ルイボスティーの力に女性の体を整える効果のあるハーブをブレンドした妊活のためのお茶ですから、妊娠力はさらにアップ!なのです。

妊娠するまでのお付き合いがポイント!

妊活ティーはあくまで妊活のためのお茶で、妊娠するまでのお付き合いがポイント、という当たりが欠点と言えば欠点かもしれません。

と言うのも、妊娠してしまうと一部のハーブは早産の原因になってしまったりする可能性があって、口にすべきものではないものもあります。

妊活ティーで言えば、チェストベリーは一般的に妊娠中の女性には勧められないハーブだと言われています。

妊娠するまでは、女性としての機能や健康を最大限に発揮することができる妊活ティーがおすすめ。

妊娠してからはハーブの含まない純粋なルイボスティーを引き続き飲まれることをおすすめします。

妊活ティーを上手に使って、まずは妊娠しやすい体作りを始めてみませんか?

妊活中の方に参考にして欲しいサイト
  •